心肺蘇生と除細動について

「救える命」を救うために(pdf)

●心肺蘇生法とは救急病院で医師が、救急現場で救急隊員が行うものだ、自分とは関係ないと思っていらっしゃいませんか。実はそうではなく、急病や事故に会われた方の生命は救急隊員が現場に駆け付ける迄の間、現場に居合わせた皆様が心肺蘇生をして下さるかどうか、に掛かっている場合が多いのです。実際の手順はこちらから「心肺蘇生法の流れ」をご覧下さい。

心肺蘇生法とは下記の手順で行うものですが、職場で学校で、是非、講師を招いて実際に手技を体験して頂ければ、それで全国的にみれば、毎年、多くの方々の生命を救えるのです。

また、平成16年7月、厚生労働省が自動体外式除細動器(AED)を一般の人(非医療従事者)でも使用できるようにする報告書を公表しました。

●AEDを用いた心肺蘇生法(CPR)

  • 手技の実際:一般市民が行うAEDを使用した心肺蘇生法
    1. 「大丈夫ですか?」と肩を叩いて、まず意識の有る無しを確認する。
    2. 意識が無ければ、集まって来たヒトの一人に「救急車(119番)を呼んで!」、もう一人に「AEDを持ってきて下さい」と目を見てハッキリと頼む。
    3. 右手であごを引き上げて気道を確保し、呼吸の有無を確かめる。
    4. 呼吸がなければ、右手であごを引き上げたまま、すぐに左手で鼻をつまみ、口から2回続けて息を吹き込み、胸が膨らむのを確かめる。
    5. 左手で気道の確保を維持したまま、心停止の判断をする。
      • 上記に反応して呼吸を始めるか、咳をするか、その他の動きを示すかどうかで心停止を判断する。
    6. 反応が無い場合、心マッサージを開始する(胸骨圧迫30回+人工呼吸2回)
      • できるだけ早期から充分な強さと充分な回数の心マッサージを絶え間なく行う(毎分100回)ことが最重要です。
    7. AEDが届いたら直ちに電源を入れ電極を装着し、AEDの指示に従って操作する。
●参考資料: